暗い顔をして帰ってきたお兄ちゃん

資料はすぐに届き、その中には家庭教師のトライを利用して合格を勝ち取った子どもたちの合格体験記や成績アップに必要な20のルールという冊子があり、お兄ちゃんはどちらも真剣に目を通しています。

 

資料を読み進めると、高額教材の販売がないことや、遅い時間からの指導が可能なこと、教科別に違う先生へとお願い出来るなど、親切なサービスが多くありました。

 

家庭教師の金額は、交通費や教材などによっても変わるそうなのですが、塾へと通う往復時間や交通費、手間などを考えたら、実際にはそこまで変わりません。

 

むしろ、この金額で受験に詳しい先生から学べるのであれば、お得じゃないかと思ってしまったほどです。

 

私たちの心は決まっていました。
家庭教師のトライで北高を目指そう。

 

思えばお兄ちゃんがここまで真剣になにかをしたいと言ったことがあったでしょうか?

 

そうして、私は家庭教師のトライへと電話をしました。
お兄ちゃんに合った先生を教育プランナーが選んでくれるという話を聞き、ほっとします。
いくら無料で先生の交代ができるとはいえ、相性のいい人が来るまで代え続けていたら、あっという間に春が来てしまいます。

 

初めて先生が来て下さる日が決まり、わくわくとした気持ちで毎日を過ごしていました。

 

部屋を掃除し、少しでも気持ちよく過ごしてもらえるよう考えていた、そんな矢先です。
お兄ちゃんが暗い顔をして帰ってきたのは。

 

次の『 今年で最後の吹奏楽部 』へ

 

 

 

家庭教師のトライショートストーリー 』を最初から読む