家庭教師のトライで無料資料請求

私「家庭教師のトライは……と」

 

兄「見せて見せて!」

 

調べてみるうちに、私とお兄ちゃんはすっかり家庭教師のとりこになっていました。

 

まず、親として一番安心したのは家庭教師のトライでは厳しい基準が設けられており、アルバイト感覚の大学生のような講師はいないということです。

 

この辺りでは北高は難関ですから、きちんと受験について知っている家庭教師でなくては困ります。

 

お兄ちゃんが気に入ったのは、短期間や休み中だけのように自由に指導時間を選べるという点です。
最初は部活の合間に勉強を見ていただき、引退してから回数を増やすといった使い方もできそうです。

 

私「無料で先生を交代してくれるのも良いわね」

 

兄「確かに、一対一だから、苦手なタイプだったら勉強の時間が辛いだけだもんな」

 

塾のような集団学習ではありませんから、今のお兄ちゃんのレベルから、入試までに北高を目指すプランをオーダーメイドで作ってもらえることも魅力です。

 

私「じゃあ、まずは無料資料請求してみようか」

 

兄「うん」

 

詳しいことは資料を見てからですが、お兄ちゃんの嬉しそうな顔を見ることができ、私も楽しい気持ちになりました。

 

次の『 暗い顔をして帰ってきたお兄ちゃん 』へ

 

 

 

家庭教師のトライショートストーリー 』を最初から読む